AE86後部 ルーフパネル骨格部腐食修理

あなたは 人目のお客様です。
   左サイドガラスモールとルーフが違和感を感じ、また、
右と同じではと、
塗装を剥がして見たら   
   やはり溶接が付いていない状態どころか穴まで開いた状態で
パテを盛り、隠している状態(ごらんのとうり)、
やはり右側と同じ用に剥がそうとすると
簡単に剥がれ中がみえてきました、隙間からみると腐食が
進んで入るようで、剥がすと。右側と同じやり方で旧パネル
の上側に乗せる状態でラインが合っていませんので剥
がして見ると

パネルを上からかぶせ、溶接がしている為、サイドガラスモー
ルとルーフパネルとの隙間が合わず、取外し、サイドガラス
モールと合わせして
仮止めして、モールを取り付け、確認してから
ルーフパネル部分をカットして骨格部分の腐食した部分を
直せそうな大きさにカットして、取り除き骨格部分を修理。
新しい骨格部分のパネルを作り、溶接
切り取ったルーフパネル部分を合わせ
仮止めして
溶接作業
 バックドアヒンジの部分が腐食して要る部分を取り除き  
  パネルをつくり溶接、溶接

この部分を溶接する、ルーフ部分にひずみが出来 
お灸をすえてパネルのひずみ取り
大きくひずみを取らなくては成りません、
いろいろな工具で、凸を取り
いろいろな工具ハンマー、当て版、波ヤスリも使いルーフ
のかたちに合わせ、ひずみを取り
直します


戻る

inserted by FC2 system