ホーム 桐生鈑金へアクセス 見積もりの依頼  レストア 
 あなたは 人目のお客様です。 
ベ レ ッ ト G T R 右 側 切開鈑金修理
 No.1
ベレットの右側面の修理に入ります。
No.2
奇麗そうに見えますが中身はボロボロです。
No.3
ステップ部分はFRPで形成されていました。
FRP部分を剥がすと腐ってボロボロです。
No.4
剥がしたFRPです。
No.5
リアクォーター部の塗装を剥離してやります。
かなり厚くパテが盛られています。
No.6
クオーターパネルは鈑金をしていないようです。
どうやら凹ませてパテが塗られていたようです。
No.7
クォーターパネルの下部には腐って穴が空いていました。
No.8
フロントピラーもFRPで形成されていました。
それを剥がすと腐食が進んでかぶさっているカウルトップパネルを取除くとピラー部分も腐食が進みピラー部分を取除きました。
すると下の写真の状態でした。
No.9
ピラーの内側も腐食が進みごらんの様な状態です。
No.10
ピラーの下部の部分も穴が・・・。
No.11
ピラー部インナーパネルから作成しています、写真の部品をたたき出して新規作成して撮影した所です。
No.12
腐った所を取除き製作したパネルを一枚ずつ確実に溶接で取り付け、強度を確保する様に組み付ける勿論酸素溶接でなくTIGやMIGを使い順序良く組み付け作業で手作り部品の組み立て作業です。
 
 鈑金工具を使い
No.13
それからピラー外側をパネルを製作して。
TIGやMIGを使い取り付けピラーとステップ接合部を作成して取り付けます。
No.14
ステップ部分を修理する為にクォーター部を切り取ります。
No.15
腐ったステップパネル部分を取り除き、左側と同じ様にステップの腐食部分を取り除き、折角度を全て指定してステップの形に特別注文で作った部品です。
 
No.16
そしてステップを取り付けます。
No.17
ステップが付いたらクォーターパネルの切り取った部分をとりつけます。
No.18
No.7で紹介した部分を新たに鈑金工具で手作りで作成したパネルです。
これを腐食部分を取除き、手作りで作成したパネルをTIGやMIG溶接します。
その後は鈑金工具を使って同じ形状に致します。
No.19
以上が右側部分の鈑金作業でした。

inserted by FC2 system