桐生鈑金工業所概要・紹介

桐生鈑金工業所 概要及紹介
○会社名 : 桐生鈑金工業所
○所在地 : 神奈川県茅ヶ崎市下町屋2−9−24
○電話 : 0467−86−6008
○ホームページURL : http://kiryubankin.web.fc2.com/
○設立  :1968年7月
○事業内容 : 自動車鈑金・塗装
・モータースポーツ部品の取り寄せ・取り付け
・車の用品取り寄せ・取り付け 

自動車鈑金修理塗装工場です、1967年7月自動車鈑金修理塗装として操業致しました。

1)ブラークホークフレーム修正機NEWP−188mh3計測・修正システム完備
2)明星工業の塗装ブース遠赤外線乾燥機完備
3)使用塗料アクサルタ(デュポン)塗料使用
4)車両のボデー補強
5)足回し部品製作・取り寄せ・取り付け・持ち込み部品の取付。
6)ショック製作依頼・O/H・仕様変更受けます。
7)エンジンオイル・ミッションオイル・その他オイル類販売
8)モータースポーツ・走行会車両製作・部品取り寄せ・取り付け承ります
9)自動車用クーラーガス設備完備
10)自動車ガラス取り寄せ・交換・ガラスフィルム取り付け
11)ボデーコーテング・ガラスコーテング・ヘットライトコーテング承ります
12)車両の防錆塗装処理
13)その他、車のことならご相談ください

各自動車メーカの鈑金、塗装はもちろん新品部品、中古部品、リビルト部品を取り寄せお客様の希望に沿った修理の提案をいたします。
(中古部品、リサイクル部品については部品が無い場合が有りますのでご了解ください)

自動車修理鈑金の技術者は車1台を全てのパーツ・パネルを取除きまた
(極端な話フレームナンバーの付いているパネルを除き)部品さえ有れば
30年ぐらい前は部品が全て注文すると出て来ましたが、ここ20年ぐらい前からは
一部部品が出て来ない車両が有りますが、組み立てる事が出来るのが、昔から
自動車鈑金屋さん。これこそが技術者です。
自動車鈑金塗装修理業界は常に進歩しています。日進月歩常に進歩して常に新しい技術、
工夫をし、今年創業50年(7月で)を向へ、「最近はサービス精神を重んじて丁寧な応対を」と言いますが、
昔からお客さんの側に立ち修理の仕方をアドバイスする、これは当たり前の話です。

自動車部品のパネルの切り継ぎ、カット交換の出来る鋼鈑から、現在の特殊鋼鈑の鈑金
修理の違いを良く知って説明が出来る自動車鈑金塗装技術者です。
それに対応した鈑金・塗装・その他、各種の提案を常に心掛けています。

ジムカーナ練習走行会、競技会を主催したり、チーム員も参加していろいろな車のモータースポーツ商品
の取り寄せ、取り付け、加工、競技車両製作、ボデー補強、足回りの作成、特注ショック製作、ショックの
O/H等の依頼、モータースポーツ商品、走行会商品の取り付け、加工行います。

モータースポーツ車両に限らず高性能オイルから通常に使うオイル類・ガラス使用商品
・ボデーコーテング剤・車の防錆処理・用品類の取り寄せ取り付けも行っております。

  桐生鈑金全景北側から南側に向かって
写真を撮った風景
アクサルタ(デュポン)塗料による高品質塗装及アクワイヤーRXスタンダードによる調色用カメラとパソコンそして長年の経験で国産及外車の旧い車の塗装データーは勿論、最新の自動車メーカーの塗装データーはネットで取り寄せる事が出来ます。
CP9Aをフレームを修理しながらボデー寸法をメーカーが指定した
寸法にブラックフォークフレーム修正機及NEWP-NEWP188MH3
にて修正して
仕上げることが出来ます。
塗装ブース
大型乗用車も楽に入り、作業が出来ます。
遠赤外線乾燥機で温度を上げ塗料を乾燥
させる事が出来ます。
温度は現在の車両の室内装飾品にダメージ(80度以下)
を与えない、温度管理を設定して、また、
塗料に合った温度設定で乾燥できます。




inserted by FC2 system