オースチンヒレースプライト、ドア切開、
パネル製作鈑金修理


    あなたは 人目のお客様です。
オースチンヒレー、一見綺麗そう・・酷い仕上がり
ペーパー目とかゴミとかブリスター(下地塗料が乾かない内
に塗料を塗ってしまった為乾燥時ブツが出来た塗装)
が出来、その他多数確認でき・・・何と言う塗装か
 
 
   ドアーの下部がぷつぷつ膨らんでいる
サンダーで塗料を剝がして見るとやはり
腐食が進み 
 
   錆びで穴が開いている部分にパテを詰め込み
御覧の状態。
この状態ではドア下部のパネルを取り除き、
パネルを作製して直すしか有りません。
ドアーアウターパネルを切り取って確認すると
アウターパネルもインナーパネル部分も構わず
パテを塗り、その場しのぎの仕事
まず、ドアーの骨格部分から製作する。
ドア、インナーパネルの作製。
矢間台で折込
ドア、インナーパネルに合わせ製作
製作して。溶接作業へ
溶接
溶接するとそりが出来るので修正して
ドアインナーパネル修正完了。
今度は外板パネル
外板パネル作成
パネルを合わせ確認
この様な感じ
合わせる。これを確実にして、寸法等の確認、
ドアを合わせ。
仮止め
耳の部分の折込
これも丁寧に
慎重に
確実に
アウターパネルの溶接
かみ込み確認し溶接して
パネルの修正作業
いろいろな工具を使い

溶接するとヒズミが出来、それを修正するのに
塗装を剝がし
修正する。
確実に凸を予備ヒズミを取る
鈑金の修正作業終了
フェザーエッジをかけたら以前の修理した時の
酷い状況確認、これも凄い。
粗いペーパーをかけて、サフエーサーか??
肌色の塗料を厚く塗り粗いペーパー目を隠す
用に塗って有るがペーパー目は上塗りまで
出ているのが判る。
中古車仕上げは酷い 
 
   ファザーエッジかけたらこんなに大きくなり・・・

ペーパー目は取れません。
剥離して、塗装すると良いのですが。
inserted by FC2 system