右ピラーの塗装剝がして見たら 

  あなたは 人目のお客様です 
   右ピラーの錆びの腐食が嫌な場所に大分進んで入るな
と思い
塗装を剝がして見たら、やはりパテ、嫌にパテが厚い
上側にサンダーを当てた見る、パテが厚い
  錆びをサンダーで削って見ると、何と砂と泥と錆が工場の床に
ごらんのとうり錆びて穴が開いた部分にパテを詰め込み
仕上げて塗装。
これで鈑金修理、中古車仕上げ、
厚いパテ何処まで縫って有るの・・・
   どんどんパテの厚さが変わらない・・・
以前の事故で修理がでなくパテが最近の用です。
まず、確認、状態ドアーを動かすとガタガタ、
中の補強パネルも腐食して・・・
これは、ピラーアウターパネルを剝がしピラー部分を作り
直すしか道は無い、走っている内にドアーが落ちる・・・・・
上部もパテが凄い  1cmぐらいの厚さ
パネルを剝がして確認するしかない
   剝がして見れば  これではドアが落ちる
 悪い部分は・・・取り除き  
   さあ修理
 ドア取り付け金具 製作  
   この様な感じ
ドアを取り付け位置を合わせ溶接   
   溶接確認
 溶接作業  
   下のパネル部分を
 ドアと合わせクリアランスを見る  
   剝がしたピラーのパネル、修正し
 仮止め溶接  
   溶接、研磨
研磨 後 パテ   



inserted by FC2 system